ご予約・お問い合せ tel.088-625-2311

水曜午後・日・祝日休診徳島県徳島市西新町二丁目7-3

MENU
LINE@会員募集中!
Instagram
皮膚科専門医厳選ドクターズコスメ

近年、アメリカをはじめ世界的にブームになり始めている注目のエイジングケア成分
「バクチオール」を高濃度に配合した「バクチオC+」を新発売!

バクチオールって何?

世界的に注目を集めている「バクチオール」ですが、まだまだ日本では認知度が低く、ご存じない方も多いと思います。
バクチオールとは、バブチ(オランダイビユ)というマメ科の植物から抽出される天然成分です。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで古くから使用されてきた歴史の長い成分ですので、その効果や安全性に期待がもてます。
また最近の研究から、バクチオールは、現在日本の化粧品でもよく使用される有名なエイジングケア成分「レチノール」と同じような美容効果があることが分かり、「次世代レチノール(第2のレチノール)」とも呼ばれています。

レチノールの効果とは?

では、「レチノール」にはどのような美容効果があるのでしょうか。
レチノールはビタミンAで脂溶性ビタミンの一種です。ビタミンAは皮膚のターンオーバー(代謝)に関わる栄養素で、不足すると角質層のターンオーバーが乱れ、乾燥や肌の張り、弾力、ツヤの低下が生じます。
レチノールを補充することで、お肌のターンオーバーを活性化し、キメ細かく、くすみの少ないお肌へ改善していく効果が期待できます。
加齢とともに、くすみが増え、張りのない、しわっぽいお肌になっていくお悩みに対し効果的なレチノールは、年齢肌にとって欠かせないエイジングケア成分ということです。

レチノールのデメリット

お肌全体のトータルケアが期待できるレチノールですが、レチノール反応と呼ばれる刺激症状(お肌がヒリヒリ痛くなる、赤く腫れる、カサカサになる、痒い)が生じることがあります。アジア系のお肌は、レチノール反応が出やすい肌質なので、ビタミンA配合の化粧品などで刺激症状が出ることはよくあります。特に、敏感肌、乾燥肌、アトピー肌の方は十分に注意が必要です。
また、レチノールは光や熱に弱いため、日中のケアには不向きです。
また併用する化粧品にも注意が必要で、ビタミンCを含む化粧品とは併用不可とされている場合が多いです。
このように、レチノールはお肌のトータルケアにとって、必要不可欠な成分であるのに、刺激症状などで使用できないことも多く、扱いが難しい成分でもあります。
実際、レチノール配合の化粧品でかぶれてしまい、皮膚科に受診して治療が必要になることも、現場ではよくみられます。
一方、バクチオールは、レチノール反応という刺激症状はまったく生じませんので、とても使いやすく、長期的に使用できます。

バクチオールの効果とは?

バクチオールの効果は、レチノールの効果に似ており、
●お肌の張りの改善
●くすみの改善
●保湿効果
●シミの予防
●毛穴のつまり、ニキビ肌の改善
など、お肌のトータルケアが期待できます。

お肌の張りの改善、小じわの軽減

バクチオールは、お肌のターンオーバーを促進する作用に優れているので、角質層に潤いを与えて、お肌のバリア機能を高める作用や、お肌内部のコラーゲン生成を促し、お肌に張りや弾力を与え、小じわの改善も期待できます。

メラニン生成の抑制とメラニン排出の促進

バクチオールは、シミの原因である「メラニン」生成に関与する酵素の機能をおさえるため、メラニン生成が阻害され、シミやくすみの悪化を防ぎます。
また、角質層のターンオーバーの活性化を促すので、すでにあるメラニンの排出を促し、お肌のくすみを改善してくれます。

毛穴のつまりやニキビの改善

バクチオールは、炎症を抑える作用もあるのでニキビなどの肌トラブルの改善も期待できます。
ニキビの原因は毛穴のつまりであり、バクチオールでお肌のターンオーバーを促進することで、毛穴のつまりも減らすことも可能です。

バクチオールとレチノールの違い

バクチオールはレチノールと同様の、トータルスキンケア作用が期待できるスキンケア成分です。
レチノールとの大きな違いは、「刺激症状がない安全性の高い成分」ということです。
扱い方が難しいレチノールと違い、バクチオールは手軽に継続しやすい成分として、世界的に注目を集めているのです。

・紫外線、熱、酸素に強く安定性が高い
レチノールは紫外線や熱、酸素に弱く不安定な成分ですが、バクチオールはこれらの外的要因に比較的安定性が高いです。 レチノールはその特性上、朝のスキンケアに使うことが難しいですが、バクチオールは朝晩のスキンケアにしっかり使えるというメリットがあります。

毎日のルーティンを崩さず、手軽に本格的なスキンケアを継続できることが、バクチオールのメリットです。

・お肌への刺激が少ない
バクチオールは、お肌への刺激がとても少ない成分で、レチノールのような強い刺激症状はでません。刺激症状が強いと、継続的に使用できません。 敏感肌やアトピー肌の方でも使用しやすいというのもバクチオールの良さです。

・ビタミンCとの併用が可能
レチノールはビタミンCと併用すると、それぞれの作用が発揮しづらくなるというデメリットがあります。 しかし、バクチオールはビタミンCと併用しても、それぞれの効果を落とすことはありません。 私が監修した「バクチオC+」にも、バクチオールとビタミンCの両方を配合していますので、バクチオールの効果だけでなく、ビタミンCの抗酸化作用やメラニン生成抑制などの効果も期待できます。

皮膚科専門医 斎藤美菜子がおすすめする理由

スキンケアというのは終わりがありません。 長期的に継続していくことで、「美肌」に近づいていくものです。
トータルスキンケアのできる美肌成分「バクチオール」を高濃度に配合した「バクチオC+」を、是非、日常のスキンケアに取り入れて頂き、将来の「美肌」へお役立て頂ければ嬉しいです。

施術別メニュー

  • 医療レーザー脱毛
  • ピコレーザーPQX
  • うるおい水玉リフティング
  • ウルトラセルQプラスリニア
  • ウルトラセルQ+
  • ウルトラセル
  • 新・水光注射
  • QスイッチYAGレーザーmyQdual
  • レーザーフェイシャル
  • >CO2フラクショナルレーザー
  • ジェネシス
  • タイタン
  • エクシリスエリート
  • ヒアルロン酸
  • ボツリヌストキシン
  • サリチル酸マクロゴールピーリング
  • プラセンタ
  • 高濃度ビタミンC点滴
  • 美肌点滴
  • トレチノイン・ハイドロキノンクリーム外用療法
  • 男性ヒゲ脱毛

診療時間と場所のご案内

9:00~13:30 15:00~18:30
9:00~12:15
13:30~18:15
(最終受付)
9:00~12:30  
9:00~13:30 15:00~18:30
9:00~13:30 15:00~18:30
9:00~12:15
13:30~17:45
(最終受付)
   

休診/水曜午後・日・祝日

西新町二丁目クリニックへのアクセスマップ
駐車場案内

お車でご来院いただく場合

無料駐車場完備

クリニック前P1に4台、P2に8台、P4に5台、医院裏P3(コアラパーキング内)に8台
P4・コアラパーキング内駐車場位置
近隣に契約コインパーキング有り(無料)

バスでご来院いただく場合

新町バス停下車

西新町アーケードをくぐり直進。左手にあります。

西新町バス停下車

眉山に向かいはじめての角を左折し直進。
右手にあります。

PAGE TOP